CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
RECOMMEND
PRO-WRESTLING NOAH 鉄人 小橋建太~絶対王者~DVD-BOX 6枚組(仮)
PRO-WRESTLING NOAH 鉄人 小橋建太~絶対王者~DVD-BOX 6枚組(仮) (JUGEMレビュー »)

Aさんも涙なしでは見られない珠玉の一品。Aさんに負けずに、早々に購入だ!今でも26%OFFだ!
RECOMMEND
PRO-WRESTLING NOAH Departure 7.10 東京ドーム大会
PRO-WRESTLING NOAH Departure 7.10 東京ドーム大会 (JUGEMレビュー »)

家宝にどうぞ!
メインの2人だけでお腹いっぱい。
試合後の2人だけで胸いっぱい。
RECOMMEND
Document小橋建太
Document小橋建太 (JUGEMレビュー »)
アライ テツヤ
 コバさんファン(Aさん含む)待望の写真集!たくさん売れると喜びます、主にAさんがw
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
稲葉サンお疲れ様!
  突然ですが(パクリ)、稲葉サンが役目を全うしてしてきました!
 最年長ゆえの心遣い、全日本においても頼れるアニキだったと思います。

 アメリカ戦、韓国戦と渋い仕事で鈍い輝きを放ってくれました。新聞やテレビでの生き生きとして笑顔を見ていると、ホントに充実しているんだなって思いました。

 結果的に本塁打・打点はゼロながら、スタメン・代打を含めて多くの試合に出場して3割を打ち、得点もチーム3位の数字。攻撃のきっかけ、攻撃の繋ぎとして、誰かがやらなければならなかったことを普通にこなした功績は小さくないと言えましょう。

 正直、WBCについては結果もさることながら、稲葉サンの「扱い」が気になってしょうがなかったのですが、今回大活躍した選手達に比べて目立たなかったかもしれないけれど、個人的には本当に素晴らしい活躍をしてくれました。後を打ったガッツとの「連動」は日ハム時代を知る者にとっては不思議な感じでした。

 これでますます札幌ドームの良い席が取りにくくなるなぁ(苦笑)。

 まずは、稲葉選手お疲れ様でした!ペナント開始まであと僅かですが、最良のコンディションでのプレーを期待しています!

 
| 日本ハム | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本VSアメリカ、準決勝前夜。
  突然ですが(パクリ)、侍ジャパン(という表現があんまり好きではありませんが)が日本時間の明日午前中にアメリカとWBC準決勝を戦います。

 日本ラウンドで活躍した我らが稲葉サンですが、二次ラウンドでは相手に左投手が多かったとはいえ、先発出場の機会も減り、打率も低下しておりました。

 正直、相手に左の好投手が多いとか、村田の調子が良かったとは言え、「いきなり二次からは4番どころかスタメン外すのかよ」「ちゅっと調子が下降気味だからってあっさり外すなよ、原監督」とすっかりスネておりました。

 代わりに内川とか右打者が入るならいいけど、DHに同じ左打者のガッツ(小笠原道大)入れるっつうのは、要は稲葉サンを信頼しきってないんじゃないの?って。大きいのが欲しいだけじゃない?って。このまま最年長の稲葉サンはチームのために埋もれてしまうのではないかって思いました。

 そんな中、先の韓国戦での代打でのコンパクトな二安打。そして、ガッツポーズ。稲葉サンにホームランはいらないってことを意味もなく再確認。その前のキューバ戦でも1安打だけでしたが、得点のきっかけをつくる貴重なヒット。ここ一番での集中力、そしてチームバッティングは生きていた!

 明日のアメリカ戦は右投手の先発のため、稲葉サンが4番起用の可能性は大。おそらく、稲葉サンの存在はアメリカの選手にとっては同じメジャーでプレイしている日本人とは比べるべくもないでしょう、知らない選手だっているかも。だから、稲葉サンにはいつもの稲葉サンのバッティングでアメリカを地団駄させて欲しいなって思います。

「今、見せろ お前の底力を 突き進め 勝利を掴み取れ(稲葉篤紀応援歌)」
| 日本ハム | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
稲葉サンに感嘆。
  突然ですが(パクリ)、突然のカテゴリ追加。時々、野球について語っておりますが、ようやくカテゴリ化しました。

 私は、日本ハムファンクラブ会員3年目の若造(35歳・・・)ですが、プロレス同様にチーム(団体)もさることながら、好きな個人選手に肩入れする傾向にあります。

 日本ハムの選手の中では、稲葉選手、金子誠選手が好きであります。特に「萌え」という我々の基本的事項としては稲葉サンがダントツ。レプリカユニホームを着ながら応援っすよ!

 そんな稲葉サンですが、何の因果か「侍JAPAN」の4番に座っております。正直、ハラハラ。
 そもそも選手選考時からライトにイチローがいることから、レフトの練習をキャンプで取り組み始めたばかり。

 レギュラーすら微妙だったと思われたし、本人も「当落線上にいることは分かっている」「(先発しなくても)出来ることをやる」みたいなコメントを残していたので、巨人との練習試合で4番に指名されたことを知ったときは「へ?」って感じでした。

 前にはイチローがいて、後ろにはガッツ(小笠原)がいるシチュエーションで稲葉サンが4番を打つという「絵」が想像できなくて結構悶絶しました。これってなんてプレイ?プレッシャーだって半端じゃないでしょう。「4番」バッターの存在として分かりやすいイメージとして「ホームラン」「長打」。

 恐ろしいことに、巨人との練習試合だけでなく、昨日今日の豪州との強化試合でも複数安打、進塁打や打点を記録するなど、「鈍い輝き」を放っています。ホント、プレッシャー凄いよ。イチローの打席なんかでフラッシュがパチパチ炊かれている後に入る身になってよ!って思いますもん。

 「つなぎの4番」と言われる稲葉サン。正直、今日の試合でノーヒットとかだったら「ほら稲葉じゃダメだ」とか絶対言われるに決まってるって、少しだけ思ったですよ。そこで見せつけた集中力、北京五輪での臀部不調を忘れさせるコンディション。稲葉サンは今選手として最高の時期を迎えているのかもしれません。

 アメリカやキューバ等の試合で、稲葉サンが4番でスターティングメンバーで出たならば、と妄想するだけで妙な興奮を覚えます。集中力を保つことも大事ですが、時々息抜きして欲しいって、老婆心ながら思っちゃいますよ(苦笑)。

 頑張れ稲葉サン!
| 日本ハム | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |